青森あず動物病院
青森県 青森市の動物病院 診療対象の動物は犬・猫・小鳥・ハムスターなど。
秋のフィラリア予防について
フィラリア予防の飲み薬は、

『飲む前1か月分の感染を無効にする』
という予防タイプです。つまり、予防注射のような「投与後の感染を予防する」という効果はありません。

蚊によってうつされたフィラリアの子虫は、2~3ヶ月の間、皮下や筋肉内で成長して、そのあと血流に乗って心臓へ向かいます。
血流に乗る前の子虫を殺して、フィラリアの心臓への寄生を完成させないためのお薬ですので、蚊を見なくなってから1ヵ月後まで飲ませる必要があります。

特に年度の最後のお薬は大事です。
最後を飲ませないことで、春まで放置された子虫たちが心臓へ到達して親虫になってしまうからです。

当院では『11月までの投与』をお勧めしています。
お気軽にお問い合わせください。